スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


アニメモ 2010/4

 === 4/1(木) ========================
テレビ東京 18:00-18:30
『HEROMAN』

東京MX 00:00-00:30
「かんなぎ」

東京MX 25:30-26:00
『B型H系』

TBS 25:39-26:09
『おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜』

TBS 26:09-26:39
『会長はメイド様!』


=== 4/2(金) ========================
東京MX 16:30-17:00
「yes!プリキュア5」

テレビ東京 25:23-25:53
特撮『大魔神カノン』

東京MX 25:30-26:00
『いちばんうしろの大魔王』

TBS 26:30-27:00
『Angel Beats!』


=== 4/3(土) ========================
テレビ東京 8:00-8:30
『トランスフォーマー アニメイテッド』

テレビ東京 9:30-10:00
『ジュエルペット てぃんくる☆』

東京MX 16:30-17:30
「名探偵ホームズ」

NHK教育 18:00-18:25
『MAJOR 6th Series』

tvk 24:30-25:00
『薄桜鬼 -新選組奇譚-』

tvk 26:30-27:00
『いちばんうしろの大魔王』


=== 4/4(日) ========================
テレビ東京 8:30-9:00
『メタルファイト ベイブレード〜爆〜』

テレビ東京 9:00-9:30
『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』

テレビ東京 9:30-10:00
『最強武将伝 三国演義』

東京MX 16:30-17:00
「ガンバの冒険」

東京MX 17:00-17:30
「アルプスの少女ハイジ」

東京MX 17:30-18:00
「母をたずねて三千里」

NHK-BS2 23:00-23:25
『GIANT KILLING』

東京MX 23:00-23:30
『WORKING!!』

東京MX 23:30-24:00
「セキレイ」

HNK-BS2 23:50-24:40
『MAG・ネット』

東京MX 24:00-24:30
「R・O・D THE TV」Special Selection

東京MX 24:30-25:00
「かみちゅ!」Special Selection

tvk 24:30-25:00
『B型H系』

テレビ東京 25:35-26:05
『荒川アンダー ザ ブリッジ』

テレビ東京 26:05-26:35
「ケロロ軍曹乙」


=== 4/5(月) ========================
テレビ東京 25:30-26:00
アニメノチカラ『閃光のナイトレイド』

テレビ東京 27:15-27:45
『アニソ〜ンぷらす』


=== 4/6(火) ========================
東京MX 23:00-23:30
『迷い猫オーバーラン!』

日本テレビ 24:59-25:29
『RAINBOW 二舎六房の七人』

TBS 25:25-25:55
『けいおん!!』

東京MX 26:00-26:30
『薄桜鬼 -新選組奇譚-』


=== 4/12(月) ========================
tvk 25:15-25:45
『裏切りは僕の名前を知っている』


=== 4/14(水) ========================
東京MX 25:30-26:00
『裏切りは僕の名前を知っている』


=== 4/15(木) ========================
フジ 25:15-25:45
ノイタミナ『さらい屋五葉』


=== 4/16(金) ========================
フジ 25:35-26:35
『刀語 第四話』


=== 4/22(木) ========================
フジ 24:45-25:15
ノイタミナ『四畳半神話大系』



### 【AT-X】 #########################
3/26 10:00-10:30
『一騎当千 XTREME XECUTOR』

4/1 番宣枠『ケツ犬』

4/1 9:00-9:30
『真・恋姫†無双〜乙女大乱〜』


4/5 8:30-9:00
『B型H系』

4/5 9:30-10:00
『薄桜鬼 -新選組奇譚-』

4/5 11:00-11:30
『いちばんうしろの大魔王』

4/5 23:30-24:00
『kiss×sis』

4/10 8:30-9:00
『荒川アンダー ザ ブリッジ』

4/16 9:00-9:30
『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』

4/27 8:00-8:30
『WORKING!!』





所感も何も一切ナシ。やっつけ以外のなにものでもない。
鉄板がいくつかあるので十二分に楽しめそう。
アニメノチカラはあまりハマれそうにないけど、枠自体は無くなって欲しくない。
そんな簡単にヒットとかでないんで、長い目で見てやって欲しいですよ。

どうでもいいですが、三国志が3タイトルもあります。たぶん。

結構ガチ作品が多く、ネタっぽいのや声優固めなのが少ない印象を受けた。
荒川くらいか、声優がスゴイのは。

ノイタミナ2枠ねぇ…NOISE枠カムバーック!



一方。

地味に東京MXの再放送ラッシュがアツイ。
「ガンバ」→「ハイジ」→「マルコ」とかヤバイ。何故つなげる。なぜに。死んじゃう。

かと思えば、R・O・D、かみちゅ!の特選集とか地味にやって宇宙ショーへようこそを盛り上げる心意気。そういうトコロ、スキだぜ…!

さりげなくかんなぎ、セキレイも再放送。ま、セキレイは2期あるからだが。

イチオシは名探偵ホームズ。広川太一郎さんの声が聞きてえぜ…









∞/8

予想が外れてしまった。
 

最後は脚本で6回楽してた武本さんが脚本と演出の両方を受け持って終わると思っていたのに、大外れ。WHY?
だけどそんな有象無象を脇に追いやる程度のカタルシスは得られたと思う。一話全編において画面の構図も独特だったし、ちょっとずつはしょるところははしょって盛り上げるところはしっかり盛り上げてきた。他にも通話中の携帯のバックライトとかイケてたと思う。みくるちゃんの泣き顔などはCLANNADばりだった。ループが止まったせいか、ED「止マレ!」はなかった。長々と観てきた人だけが共有できる感覚なのかどうかはよくわからないけど、それがいいものかどうかわからないけど、感慨はあった。
 
 

演出としてセミが頻出しており、さらにその死が描かれていて、それが夏の終わりを意味しているんだなあと思った次第。
 

まぁ、つまるところ、ハルヒのあの表情で満足できるか否かじゃないだろうか。
 
 
満足しました。
 

一瞬、澪に見えたけれどもだ。
そして古泉のノーチェンジは意味わからん。


というわけで、これからtvkでの放送を観るとします。



JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 

ヤマカンが新ハルヒの事で謝罪したらしい件

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


 架神さんとこの日記で知りました。

ぼくは自分の視聴が追いついてない事もありまして、自分で観てるうちはネットの評判とかほとんど見なくなってしまっているので、エンドレスエイトが叩かれていることも知らなかったレベルなんですが、どうだろうねこれは。

その場で全部話を聞いていたわけではないので流れとかよくわからないんですが、焦点だけで言うと、ヤマカンは関係ないよな、って思いました。制作委員会SOS団を代表? ヤマカンが?? え???



http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51490609.html

【アニメモ】大正野球娘。 第一話「男子がすなるという、あれ」

 
 http://www.tbs.co.jp/anime/taisho/



開始早々、東京ツアーとお歌が始まってどうしようかと思った。


セーラー服と大正着物が入り乱れる女学園青春ストーリー。レトロさがむしろハイカラ。作中ではセーラー服といった洋服が流行の最先端なのだけど、観る我々からすれば和服が新鮮。和服にキャッチャープロテクターとか新鮮過ぎるよ。
ところどころ、そういった逆ギャップが目を楽しませてくれました。たとえば、セーラー服に風呂敷荷物とかね。持ち方がとてもお淑やかでいいじゃないの。

肝心の野球をやる理由。この時代に女性が野球をやるというコンセプトで大方の察しはついていたけど、女性と男性との間にある人権差へのささやかな挑戦が理由でした。女性だてらに、という風潮に刃向うというか、女性に教育が必要ない、みたいな常識に立ち向かうのがメインテーマのようです。女性同士の結束や友情も描かれていく事でしょう。たぶんな。
これからメンバーが集まっていくのだけど、それぞれ参謀タイプ、スラッガータイプなど、個々の特性差がはっきり出ているのが面白いです。しかし野球かー。投げ方ひとつにしても男性と女性では違うので、そのあたりがちゃんと映像で描かれるかがネックだと思います。その点、時かけは良くできてましたね。ワンシーンですが。野球で思い出したけど、おお振りはボールの回転まで超本格的だったなあ。




それにしても、能登さんの大正時代マッチ度は異常です。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ

【アニメモ】NEEDLESS 第1話「アダム・ブレイド」

 
 http://needless.jp/


ウルトラジャンパーなので原作既読。途中からですけど。


アニメ向きな絵柄なので違和感は全くないのですが、肝となるのはやはりその軽快なテンポを映像でも損なう事なく表現できるかという点。その点においては及第点だったと思う。止め絵にカットを駆使して動かすところは動かして。まあこれしかないだろうなという感じではあったと思う。が、技名が描き文字なのはどうなのか。まあ原作でもそうなのだけど、マンガではここぞという大ゴマ写植なので、アニメーションにおいては些かインパクトで劣るのではないかと感じてしまった。これしかないのだろうけどもだ。描き文字を一文字ずつ出しても良かったかもしれない。「鳳・翼・天・翔」みたいに。カンダタストリングがショボすぎた!一方で、「イヴキャノン」では工夫が見られました。「判決・死刑」でもね。ザコキャラの技まで魅せられなかったという事でしょうかね。

声に関してはブレイドにしろイヴにしろイメージと若干違ったけど、そのうち慣れると思う。ブレイドは関智一さんのイメージだったなーぼくの中では。ツッコミもあるけど、シャウトしてる印象が強いキャラクターなので。

イヴはアニメになってもトバしてた。まあこの作品において、女性キャラクターは大体ドギツイ天然で突っ走るのでまだまだ序の口。おっぱいがぷるぷるしてるのには感動を覚えた。横チチには安堵を覚えた。しかしスカートの中には絶望を覚えた。はいてないから、絶対領域。それでいいじゃあないか。ねぇ。

というわけで、概ね満足です。その一方で、原作の持つケレンミを再認識しました。ヒトコマのインパクトとテンポはスゴいものを持ってるんだなーと思った。

OP。GRANRODEOで「modern strange cowboy」。NEEDLESSのアツい面を取りだした感じ。谷山記章は左天の声もやってるのだけど、ちょっとイメージ違ったかも。もっとシブい感じかと思ってたわ。
一方EDはイメージ一変、ニコニコを意識して作られたように思うけいおん!のOPを踏襲したかのように、少女部隊の3人の名前を出し、ちゅっちゅさせまくる映像でした。このノリもまたNEEDLESSですね。歌にはイヴとクルスを混ぜ込んで、『ニードレス★ガールズ(イヴ・ノイシュヴァンシュタイン(喜多村英梨)、クルス・シルト(遠藤綾)、セツナ(後藤沙緒里)、未央(牧野由依)、ディスク(加藤英美里))』ときました。よく見るとスゴい面子だ。今後、少女部隊に期待したい。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ

| 1/13 | >>

BLACKBELL's WEBLOG

改めて…… よろしくお願い申し上げます

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Recommend

スティール・ボール・ラン 12 (12)
スティール・ボール・ラン 12 (12) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 12巻
-遺体への条件 友情への条件-

11人の不吉な行進!!
タイムリミットが近づく"泉のルール”と規律正しく迫りくる11人の敵!
遺体か、友情か。どちらを選ぶか。神の領域、無限の領域の選択を迫られたジョニィの決断はッ?!「ネットにひっかかってはじかれたボール」の行方に…乾杯ッ!
一方でルーシーに忍び寄る追っ手?!大統領の追跡に対抗し、ルーシーも行動に出るッ!通るべくは禁断の世界!「わたくしどもにおまかせを…大統領夫人!」

Recommend

スティール・ボール・ラン 13 (13) (ジャンプコミックス)
スティール・ボール・ラン 13 (13) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 13巻
-壊れゆく鉄球-

膨らむ恐怖の世界!!
大統領から「心臓部」の遺体を奪う為、政府公邸に潜入したルーシー。そこで彼女を待ち受けていたのは…!?
追い詰められたルーシーの前に立ち塞がったのは「圧迫祭り」と「世界な男」、そして「肉スプレー女」!政府公邸で繰り広げられる女の戦いと、相対する愛くるしい大統領とその仲間たちに注目せよ!
そして表紙を飾るのは14歳の少女のセミヌード!作者近影は3枚の写真のみでコメントなしという初めての構成。そして巻タイトルは「壊れゆく鉄球」…。「砕けゆく鉄球」の方がカッコ良かった気がしなくもないぜ!ていうか、この巻のタイトルは「圧迫祭り」で決まりでしょう。

Recommend

スティール・ボール・ラン 14 (14) (ジャンプコミックス)
スティール・ボール・ラン 14 (14) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 14巻
-勝利者への資格-

全てが閉ざされた氷の海峡で最強の敵に追い詰められるジャイロ&ジョニィ。一片の油断もなく敬意を持って迫り来る敵にどう立ち向かうのか!? 運命に打ち勝つための「勝利者への資格」とは? まさか!?のアツい展開も活目して見よッ!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.15―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (15)
STEEL BALL RUN vol.15―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (15) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 15巻
-ゲティスバーグの夢-

国家の、歴史の命運を分けた地・ゲティスバーグ。この地でジャイロとジョニィはかつてない敵に襲撃される。恐怖とは…まさしく過去からやってくる…。罪という名の業を、どう乗り越えるのか!?

 「人ハ何カヲ捨テテ前ヘ進ム」
 「ソレトモ」
 「拾ッテ帰ルカ」?

迷いを捨てたジョニィは、黄金の回転の先の世界へと入門する―!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 16巻
-いともたやすく行われる えげつない行為-

大統領、起つ!(色んな意味で)
遂に遺体総取りに動き出した大統領。大統領夫人として傍にいるルーシーの過去が語られると共に、彼女にも魔の手が迫る。大統領が語る宇宙の真理とは? そして最後の遺体は一体どこに!? 産まれて完結ッ!いともたやすく行われるえげつない行為を目撃せよ!
なお、巻末には描き下ろし短編エピソード「7日で一週間」が収録! ジャイロの新作ネタを体験せよ!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 17巻
-D4C-

不可解の連鎖!
ジョニィ銃撃を基点に巻き起こる不可解の連鎖…。異なる目撃証言、それぞれの行動―それらが意味する事とは!? 大統領(とウルトラジャンプ読者)だけが理解する、サブタイトル『D4C』も不可解の一部として、いよいよフィラデルフィアで最終決戦、開始――!
なお、UJ掲載時にはなかったセリフや修正点なども盛りだくさん! やはり判り難かったからなのかァーッ!?

Recommend

Links

JOJO

mobile

qrcode

Search

Others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM