スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


H.ARAKI CELEBRATES PERIOD, START!!

 ホップステップジャーマンポテト

 

こんにちは黒鈴です。

今朝、渋谷アニメイトに立ち寄ってウルトラジャンプ 2010年 4月号 [雑誌] を買ってきたよ!

何故アニメイトかというと、オリジナル特典ポストカードが付いてくるからです。まあ付いてこなくてもアニメイトで買ってるのだけど、朝から行ったのはこれの所為。

で、開店5分後くらいに店頭に到着したのだけど、いつもなら入り口に並んでいる新発売の雑誌コーナーにウルジャンがなく、スペースもポッカリ空いている状態。まさかの売り切れ…いやいや、まだ並んでないだけだと思いつつも、包装前のウルジャンを持って店内を走り回っている店員さんの状態に慄きながら在庫はあるか聞きました。



「スイませェん、今日発売のウルトラジャンプってありますか?」


「あ……ハイ、ありますよー (包装前の雑誌を裏から持ってきて)こちらでよろしいですか?」


「あの…頼まれ分もあって5冊ほど欲しいのですが、大丈夫です?」


「5冊ですか? (裏に回って何やら相談中)すみません、入荷数が少ないのでお一人様2冊までになりますが…」


「そうですか、じゃあすみませんが2冊でお願いします」



2010年ウルジャン4月号




というわけで、2冊しか買えませんでした。市場流通数はいつもより多くなってるんじゃないかと勝手に思ってるのだけど、特典つきとなると数も限られるのかもしれません。
しかし、「こちら同じものですがよろしいですか?」を予想していただけに今回の展開は予想外だったぜ…

 

で、ウルトラジャンプ。本編と露伴ルーブルはパラ見程度ですが、露伴ルーブルは露伴先生のちょっとしたラブストーリーも含まれているみたいで今からドキドキだぜ。構成は1話まるまるが「導入」部分。この導入の中にも起承転結を持たせているのは、「岸部露伴は動かない-六壁坂-」の講演会考察でも触れられたとおり。露伴先生の回想が最初にあるのでちょっと特殊でしたけどね。そういえば露伴先生は生まれついてのスタンド使いのようでした。明らかにされてないだけだったんですが、今回17歳の頃から能力を持っていたようなので、京兆に刺されたからではないようす。それにしても日常パートがたまらない。億康のイラッと来させっぷりはガチ。あの露伴先生に「写メルから」なんて言うなんてすげえ。
元々がオールカラーのせいか、色が付いてないのが残念至極ですが、それは単行本の発売を待ちますか。

そして豪華すぎるおまけ冊子「JoJo's VOL. 100.5」。表紙からたまらねえのに表紙ウラにはSBRレース開幕インタビューの時のスティーブンのセリフが。あの演説パートと序盤の攻防戦が、一部のファンに1st.Stage最高と言わしめている要素でありましょう。


続いてウルジャン作家陣からの祝辞とイラストが。これがねー、なんていうかねー、


みんなジョジョ大好き過ぎるのがにじみ出てる。


一部ジョジョ関連ではなく作者さん自身のマンガやキャラで描かれてましたが、基本的に好きなジョジョキャラ描いてる感じ。それがいちいち巧くてチョイスがニクイ。


各イラストの感想はまた後程やります。途中まで書いてちょっと時間かかりそうだったので後回しsしますね。

で、お昼にまた渋谷アニメイト行ったのですが、なんと売り切れてました。


オイオイ、朝の雰囲気はやっぱり普通にヤバいものだったのかよ。あぶねー。ともあれ入手できたので一安心。明日から京都行くので向こうでもちょっと見てきます。たぶんないだろうけど。ウルジャン自体が品薄になる可能性も否定できないからなー。とりあえずポストカードが付くアニメイトからなくなったと。

 

アニメイトではウルジャンに加え、「マンガ脳の鍛えかた 週刊少年ジャンプ40周年記念出版」も買ってきました。超ガッツリ系のインタビュー読み物だと思ってたのですが、カラーや写真を交えてすごく読みやすい本です。めっちゃ興味深い。荒木先生をはじめとして錚々たるジャンプ作家陣の記事が鏤められているので、ジャンプ読みなら間違いなく買って損はないと思います。

明日は京都。明後日からけいおん巡礼行ってくるであります!
時間が限られているのでちゃんと周れるかどうか不安(´・ω・`)。下調べしただけで300〜400カット出てきちゃったからなぁ…。よって、消失巡礼はまたの機会になりました。予習が足りなさ過ぎたわ。

 

 

P.S.

おっと、本日NHK総合でマンガノゲンバが再放送されますよ。水木御大であります。わが町調布でもゲゲゲの女房を猛プッシュしてます。このあいだ市役所の隣で無料でやってる展示会行ってきましたが、大変興味深かったです。今週末ぐらいまでなので、興味のある方は是非。
市役所の等身大POPにはサインが追加されてました!


等身大水木御大POPサイン入り




■名誉市民 水木しげる展 〜調布のまちの水木サン〜
 ・調布市文化・コミュニティ振興財団
 ・コミックナタリー


*******************************

■荒木飛呂彦先生 CELEBRATES!!



スポンサーサイト


コメント
近所のアニメイトに買いに行ったら、既に売り切れてた………
昼位ならまだ残っているだろうと完全に油断してたのが運の尽き。
これはもう『覚悟』が足りないと言われても仕方ない。
  • 越後屋
  • 2010/03/21 3:49 AM
トートバッグとかグラスとか当たってるんだからいいじゃないですか。(←永遠に言うつもり)

転売ヤーとかいるんでしょうかね。ポストカードだけで。さすがにないか。
てことは、純粋にファンだけでさばけてしまったのか。ジョジョファンは温度が高い層が厚いなあ。これだから20年以上ファンやってても、自分なんてまだまだッスよ…(´-`)という気持ちが抜けません。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

BLACKBELL's WEBLOG

改めて…… よろしくお願い申し上げます

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Recommend

スティール・ボール・ラン 12 (12)
スティール・ボール・ラン 12 (12) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 12巻
-遺体への条件 友情への条件-

11人の不吉な行進!!
タイムリミットが近づく"泉のルール”と規律正しく迫りくる11人の敵!
遺体か、友情か。どちらを選ぶか。神の領域、無限の領域の選択を迫られたジョニィの決断はッ?!「ネットにひっかかってはじかれたボール」の行方に…乾杯ッ!
一方でルーシーに忍び寄る追っ手?!大統領の追跡に対抗し、ルーシーも行動に出るッ!通るべくは禁断の世界!「わたくしどもにおまかせを…大統領夫人!」

Recommend

スティール・ボール・ラン 13 (13) (ジャンプコミックス)
スティール・ボール・ラン 13 (13) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 13巻
-壊れゆく鉄球-

膨らむ恐怖の世界!!
大統領から「心臓部」の遺体を奪う為、政府公邸に潜入したルーシー。そこで彼女を待ち受けていたのは…!?
追い詰められたルーシーの前に立ち塞がったのは「圧迫祭り」と「世界な男」、そして「肉スプレー女」!政府公邸で繰り広げられる女の戦いと、相対する愛くるしい大統領とその仲間たちに注目せよ!
そして表紙を飾るのは14歳の少女のセミヌード!作者近影は3枚の写真のみでコメントなしという初めての構成。そして巻タイトルは「壊れゆく鉄球」…。「砕けゆく鉄球」の方がカッコ良かった気がしなくもないぜ!ていうか、この巻のタイトルは「圧迫祭り」で決まりでしょう。

Recommend

スティール・ボール・ラン 14 (14) (ジャンプコミックス)
スティール・ボール・ラン 14 (14) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 14巻
-勝利者への資格-

全てが閉ざされた氷の海峡で最強の敵に追い詰められるジャイロ&ジョニィ。一片の油断もなく敬意を持って迫り来る敵にどう立ち向かうのか!? 運命に打ち勝つための「勝利者への資格」とは? まさか!?のアツい展開も活目して見よッ!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.15―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (15)
STEEL BALL RUN vol.15―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (15) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 15巻
-ゲティスバーグの夢-

国家の、歴史の命運を分けた地・ゲティスバーグ。この地でジャイロとジョニィはかつてない敵に襲撃される。恐怖とは…まさしく過去からやってくる…。罪という名の業を、どう乗り越えるのか!?

 「人ハ何カヲ捨テテ前ヘ進ム」
 「ソレトモ」
 「拾ッテ帰ルカ」?

迷いを捨てたジョニィは、黄金の回転の先の世界へと入門する―!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 16巻
-いともたやすく行われる えげつない行為-

大統領、起つ!(色んな意味で)
遂に遺体総取りに動き出した大統領。大統領夫人として傍にいるルーシーの過去が語られると共に、彼女にも魔の手が迫る。大統領が語る宇宙の真理とは? そして最後の遺体は一体どこに!? 産まれて完結ッ!いともたやすく行われるえげつない行為を目撃せよ!
なお、巻末には描き下ろし短編エピソード「7日で一週間」が収録! ジャイロの新作ネタを体験せよ!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 17巻
-D4C-

不可解の連鎖!
ジョニィ銃撃を基点に巻き起こる不可解の連鎖…。異なる目撃証言、それぞれの行動―それらが意味する事とは!? 大統領(とウルトラジャンプ読者)だけが理解する、サブタイトル『D4C』も不可解の一部として、いよいよフィラデルフィアで最終決戦、開始――!
なお、UJ掲載時にはなかったセリフや修正点なども盛りだくさん! やはり判り難かったからなのかァーッ!?

Recommend

Links

JOJO

mobile

qrcode

Search

Others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM