スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


麒麟さんとの付き合い方

お久しぶりです、こんにちは。
日記ってなかなか書けませんね、黒鈴です。
 
赤松さんがパズドラを始められ、今回のクリスマスガチャでサンタ麒麟を引き当てるという凄まじいラッキーに見舞われたので、祝福と羨望の思いを込めまして麒麟さんをちょっとまとめてみようと思います。サンタ麒麟って等倍の★7だから1%以下ぽいんですけどね!どうなってんだ!?うらやま!!!
 
そしてかがみさんの麒麟ネガティヴキャンペーンが(気持ちはわからないでもないけど)あんまりといえばあんまりだったので、敢えてかがみさんにもお伝えしたい。

 


 
 ■サクヤというキャラクター



まず前提として、サブでの運用も考えられるキャラクターですが、リーダー運用(FLも麒麟)として考察します。よろしくおねがいいたします。



麒麟パとは

指定4色を消すことにより、5×5倍で攻撃できる。
攻撃発動のため、指定属性を持つキャラクターをパーティに組み込む必要がある。

<メリット>
・25倍という高倍率で攻撃できる
・指定の属性をもつキャラさえいれば良いため、初期、無課金でも構築できる。
・サブに融通がきき、ダンジョンに合わせたチューンナップが可能
・自身のスタイルとかみ合ってる豊富な覚醒
・苦手属性のない光属性
・フレンド募集に比較的困らない
・割合ダメージのスキルも使いやすい
・スキル封印対策がわりと簡単
・闇吸収にまったく怯えない
・コンボ吸収系に怯まない
・ガチャ等で何を引いても何かしら活用できたりする
・体力高めなので先制にも耐えられるような構成も可能
・いつでもスキラゲ可能(一応)
・なかなかのステータスバランス
・かわいい

<デメリット>
・欠損があると発動できない。その確率30%強。
・妨害(バインド、お邪魔、暗闇、変換、操作時間短縮)に弱い
・アセると条件整っていても発動に失敗する
・コンテニューしても運頼み
・スキブがやや少なめになる
・25倍と言っても意外にダメージ伸びない
・属性強化の恩恵を受けにくい
・強いキャラクターが多い闇属性を組み込めない
・必要色を消してしまうドロップ変換スキルが組み込めない
・陣が極めて制限される
・特定色を多く降らしてくる効果に狼狽える


まとめると、LSを常時発動できるように立ち回り、高倍率で蹴散らしていくスタイルになります。ご存じのとおり。
3割ちょいの確率で発動しないLSは大きな傷でもあり、翻っての武器でもある指定四色のLS。安定した強さ、運要素を排除するスタイルからは毛嫌いされるようですが(わかる)、なかなかに尖った素敵なキャラクター性ともいえます。
麒麟使いは、この尖った部分=欠損をなくすことが至上命題といえるでしょう。

 
---------------------------------------
きりんのまめ:整地の概念
多色PT全般に言えることですが、ターンに余裕があったら次に消しやすいように盤面を「整地」すると便利です。
---------------------------------------




【命題1:欠損対策】

麒麟使いは一にも二にもこれに尽きます。そのための手段をBOXと相談して講じ、ダンジョンに挑みましょう。

 
欠損対策その1)威嚇

敵の攻撃ターンを遅らせ、その間に不要、過剰ドロップを盤面から消し、欠損に対応する方法です。効果の続くスキル(時間短縮、特殊落下、吸収、封印)をやり過ごすのにも一役買う。
無課金で入手できるエキドナが持っているスキルであり、現在でも火枠のスタメンを張っていたりします。威嚇系は総じてターンが重いスキルですが(威圧は特に)、上げらるキャラはスキル上げをしておくと咄嗟の時にも対応できます。たとえ1ターンでもワンチャンもらえるのはでかいです。

麒麟PTに入れたい威嚇を持つキャラ(でも威圧はあまり入れる余裕はない)
エキドナ、ウィジャス、オロチ、ゼータヒドラ、時魔導士、クリリン、クラピカ、ゴン、ヴァルキティ、他


欠損対策その2)盤面総入れ替え

スキルにより盤面を一掃することで、不利な盤面をリフレッシュする方法です。この系統のスキルを統括して陣と呼びますが、お邪魔や毒も払えるのが大きな利点でもあります。
麒麟に向いた陣スキルは大まかに分けて2種類あり、完全ランダムの「ドロップリフレッシュ」と最低個数に保障のある「オールドロップチェンジ」&「五色の秘術」があります。
ドロリフは運頼みでもうワンチャン貰える感じ、オールドロップチェンジ(6色)&五色の秘術(5色)は腕が必要なワイルドカードといった感じです。

とはいえ、上記のスキルを持つ光&闇カーリーはフェス限の上、持ってるならカーリーそのものをリーダーとして陣2発とした方が良いのであまり組み込むシーンはないかもしれません。でも、あると強い。

加えて、2キャラでのスキル組み合わせによる方法ですが、フルフルネコの「音無き不意打ちニャ!」+攻撃態勢・木(または後述するオシリスのフォレストサイン)で麒麟陣を敷くことも可能です。この手の、組み合わせにより必要条件を満たす盤面を構成できるケースは増えていくでしょう。スキル2枠を必要とするので厳しーところもありますが、参考までに。


ドロリフ系のスキルを持つキャラ
マスターリング、キングマスターリング、ホフゴブリン、バータ



欠損対策その3)ドロップ変換

欠損があれば作ればいいじゃない、そういう考え方での対策です。
必要色をベースとして変換してしまうわけにはいかないので、不要色ドロップとなる「闇」「回復」を何かに変換することになります。
この手の変換を積む場合、攻撃力の底上げにもつながるであろう光ドロップへの変換が主になります。
 
「闇」→「光」:光の魔剣士
「回復」→「光」:ヴァルキリー、パトリシア、イエローバード・チャック、みにばる、ドロップス
「闇&回復」→「光」:アポロン、サイクロプス
「闇」→「光」(回復→闇):アーサー
「回復」→「光」・「闇」→「回復」:沙織


欠損対策その4)ドロップ生成
 
特定のドロップを生成できるスキルです。
最近リリースされ、戦略に大きく幅ができました。
有無を言わさず特定の場所に特定個数作れるタイプと、ランダム生成とがあり、前者は盤面に左右されず必要色を作れるのが強力です。
スキルの組み合わせによっては、一から盤面すべてを作れることも。ドリーーーム。

・横列変換
ライラ(上段火)、シャロン(中段水)、リーザ(下段木)、ウィジャス(中段回復)

魔術師シリーズに代表される指定列変換。上下段は変換後に余ったスペースでパズルをして条件を満たし、中段はスキルだけで盤面を組み立てる場合に使用します。麒麟の場合は消せばいいので列を崩してもOKな分、中段変換も普段使いできる部類ですね。とはいえ、列生成は属性強化を前提とした運用が想定されていると思うので、ややもったいない感もあります。
麒麟パにおいて一番可能性を秘めているのはウィジャスで、麒麟の弱点であるバインド対策、威嚇、おまけにドロップ操作延長を一手に担えるスーパーサブ。防御だけでなく、攻撃態勢と組み合わせて攻撃力UPも担える。問題はビジュアルのみ。

・縦列変換
レイ・シリウス(左列光)、スーパーガール(左列光:右列水)、オシリス(右列木)、ヌト(左列水)

横列変換が属性強化のためであったなら、縦列変換は2WAYのためではあるものの、強制的に生成できるのは多色パにも有用となりえます。
とくにスパガは必要色の2色を作れ、そこについてはパズルの必要がないので強い切り札となります。フレンド枠としてもアリで、2色3色でも少し倍率乗せられる。サンタサクヤはもともと少し乗ってるのでおいしいかも。サクヤちゃんとスパガはいつでもなかよし。だが、ウミヤマとベジータにはじゃっかん敵わない。。
火or木花火→北極ブレース→木or火スペルで確定発動。でも光ドロップ少ない。他にもいろいろバリエーションが可能。


 
---------------------------------------
きりんのまめ:ドロップマネジメント
整地にも通じる、必要色を必要個数、確保しようとする考え方。
多色パの他、英雄パなど大量のドロップが必要なキャラで意識することになります。
---------------------------------------



 
【命題2:妨害対策】

指定4色を消さなくてはならない麒麟にとって、妨害は致命的。
妨害してくるヤツには、そこのケアをしなくてはなりません。




妨害対策その1)暗闇

盤面が真っ黒になる暗闇効果。すべてのドロップをなぞれば払うことができる効果なので、通常はそれほど対策を講じる必要はないのですが、麒麟パの場合暗闇を払ったあとに盤面を把握して4色消しパズルは至難の業。ブラインドされた後から払うスキルもない(暗闇は陣でも払えない)ので事前に無効化するか、威嚇でのターン稼ぎ、または時間延長で力技になります。

対策キャラ:
トップ・ドロイドラゴン(暗闇)、アテナ(暗闇)、アレス(暗闇)、ミネルヴァ(暗闇)、エキドナ(威嚇)、ウィジャス(威嚇and延長)など



妨害対策その2)お邪魔、毒、必要色変換

必要色をなくされてしまう敵のドロップ変換。お邪魔と毒は変換を防ぐことができますが、ドロップ変換は不可能。なのでこちらで用意できる準備をしておくと万全です。万能なのは陣での一掃ですね。威嚇が通用すればここでもいけます。
ドロイドラゴンは一体積むだけで麒麟が苦手な暗闇、お邪魔に完全耐性を持たせられます。必要色2色も埋められ、体力染めも可能なステキキャラです。

対策キャラ:
トップ・ドロイドラゴン(毒、お邪魔)、魔術師系のスペルで生成(欠損色確保)、ドロップリフレッシュ(陣)



妨害対策その3)バインド

属性バインド、リーダーバインド、神バインド…、バインドしてくる敵は結構います。一人くらい欠けてもOKなパーティとは違い、麒麟パは1キャラ1属性担当となるケースが多いので一人も欠けてはなりません。ならんのです。
自身へのバインドが完全無効で解除スキルを持つキャラは多くはありませんが、サルベージ役が一人いるとたいへん心強いですね。

対策キャラ:
白メタトロン(バインド無効、クイックキュアー)、アマテラス(バインド無効、完治の光)、スサノオ(バインド無効、5ターン半減)、ウィジャス(バインド無効、威嚇andバインド回復)、光イシス(バインド無効、クイックヒール)





【命題3:火力向上】

25倍でもなんか足りない。字面では49倍とか出せるラー様でも抱える問題。現状、それだけ属性強化の倍率恩恵が大きいという事なのでしょうが、ないものねだっても仕方ないので他の方法で火力向上を目指します。


火力対策その1)一色染め

主属性を光で統一し、副属性で条件を満たす。ある種スタンダードな麒麟スタイルです。
副属性持ちはだいぶ多くなったので、わりかしより取り見取り。スキル等の相性を考えてチョイスしましょう。

参考パーティ
麒麟、アポロン、スーパーガール、ヴァルキリー、ヴァーチェ
※ヴァル、ヴァーチェの軽い変換で道中を切り抜け、緊急時にはスーパーガール、アポロンでボスを落とす構成。スキブがやや少ないのが弱点。
火水木のドロップ管理に注力すればいいのでわりと楽。用途により白メタなどと入れ替える。





火力対策その2)タイプ染めエンハンス

縛りの入った多色構成でタイプエンハンスを積み、一撃を狙うスタイル。ここもスキブが課題。
体力染め、神染めがポピュラー。

参考パーティ
体力染め:
麒麟、アポロン、ドロイドラゴン、パトリシア、ビスケorリノプロネコ
※基本構成から体力ヴァルことパトリシア、そして体力エンハを積んだ構成。
他にもイシス、スーパーガールとかも積める。耐性強し。ただ、案外攻撃力は高くない。





神染め:
麒麟、アポロン、ミューズ、ヴァルキリー、ヴァーチェ
※62.5倍でぶんなぐる。育成途中だけどすごいなコレ。ヴァル、ヴァーチェに神ついていて感謝感激。
いつも通り、白メタやイシス、スサノオ、ウズメ、沙織も入れられる。





火力対策その3)2WAY構成

多色パの覚醒エンハとして、2WAYも一応運用可能。しかし結構難しい上にリーダーが2WAY持ってないのは美しくない感じ。
2WAY4色はウミヤマに一日の長があるか。

参考パーティ
麒麟、アポロン、スーパーガール、ヴァルキリー、ヴァーチェ
奇しくも一色染めのサンプルと同じ結果に。まじか。ヴァル、アポロンに2WAYついたせいだな。
てことは、この変更は純然たる麒麟パの増強だったか!知らなかった!光4個消し運用で37.5倍!(麒麟以外)
ヴァルキリーは2WAY3丁のぷちばるでも楽しそう。






●聖夜の麒麟姫・サクヤ考察

さて件のサンタサクヤですが、その性能はどうなのでしょうか。きっと欲しくなるけど比較してみる。

<パラメータ>
本家:    光/光    3,528    1,370    384
サンタ:    光/火    2,828    1,370    594

<リーダースキル>
本家:    火、水、木、光で同時攻撃する時、攻撃力が5倍。
サンタ:    回復タイプのHPと攻撃力がほんの少し上昇。火、水、木、光で同時攻撃する時、攻撃力が4倍。

○違い
・副属性が火 → 指定色1つ解消。
・体力タイプから回復タイプ
・LSにタイプ縛り追加でベース向上(攻撃、HP1.2倍)
・倍率が5倍から4倍に


むう、判断が難しい。どちらがいいというわけではないですね。
ぱっと見、LSの違いで大きく変わってきそうな印象はするのですが、それぞれ補える要素は揃っているので実際はあまり変わらないんじゃなかろうか。

LSに縛り追加によってどの程度変わるのか。回復タイプというのがミソだ。上昇がHPと攻撃力というのは弱点を補う形で実に理にかなっています。
しかしこの手の微妙なステアップは試してみないとわかんないところがありますからなー。
回復ですべて縛らなくてもいけるかもしれない。
本家とサンタの組み合わせでも十分いけそう。とりあえず、かたっぽステアップリーダーは試してみないと。
…あっ、持ってないわ。

まあ縛りが入ったことでメンツの自由度は下がった感じ。MAX目指すとこんな感じか。

・変換
スパガ、沙織、ヴァルキリー、各色ヴァル、エンジェリオン、魔術師

・エンハンス
サンダル、瞬、アークライン

・異常回復
白メタ、水メタ、ウィジャス

・威嚇
エキドナ

・防御
クシナダ、サンダル

・陣
光カーリー、フルフルネコ(&オシリス、パール パールじゃない、木ヴァルだ)

サブで揃えるのが2色で済むので(しかも回復層の薄い火を担ってもらえるので)結構いろんなのが候補にできますね!
サンタ麒麟をセンターとしたヴァル戦隊がなんだか楽しそう。欠損にもちょっとつよい!?各種欠損に対応可能。闇が入るけれど木ヴァル入れるかご判断におまかせ。
そしてスパガ、沙織、サンダルのどれか入れてマネージャー枠完成。なにそれ面白い。




本家があるのでそちらのイメージにひっぱられてしまいますが、多色系と基礎UP系の合わせ技ですね。ハトホルとよく似てる。
スキルもよく似ているので比較せざるをえませんが、基礎UP条件、基礎UP率、LS発動条件、LS倍率と、LS関連では完全敗北を喫しているのかこれは。。いやまて、エキドナは無理なく積めるぜ。エンハもな。
それぞれ一長一短であり、ハトホルは妨害にとても貧弱そうなイメージ。実際どうすんだろ、コレ。対策自体が厳しい気がする。耐久か。

フレンドの確保については、さすがに同型はレア度から厳しめか。代役は回復の基礎アップ系から多色リーダーまでなんとかなりそう。スーパーガール、光カーリー、大喬小喬までいけるかな。大小はスキル死ぬけども。






●総括

麒麟は手持ちのキャラでもわりとやりくりができ、増えたら増えたで新たな組み合わせを模索することができるリーダーの一人です。
欠損という大きなクセと常に相対しますが、それゆえのモンスターエンジン(LS)とフレーム(覚醒)を積んでいます。
コースごとにチューンナップを施し、このエンジンのポテンシャルを最大限引き出すことが麒麟使いの醍醐味と言えるでしょう。
部品ごとのチューンナップが可能なため、よりよいパーツが欲しくなっていくのですが、突き詰める楽しみは間違いありません。
とはいえ、万全の安定性は永劫約束されません。一定の事故率は抱えたマシンですが、それを個性と捉えて楽しんでいきたいですね。
 

スポンサーサイト


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

BLACKBELL's WEBLOG

改めて…… よろしくお願い申し上げます

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Recommend

スティール・ボール・ラン 12 (12)
スティール・ボール・ラン 12 (12) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 12巻
-遺体への条件 友情への条件-

11人の不吉な行進!!
タイムリミットが近づく"泉のルール”と規律正しく迫りくる11人の敵!
遺体か、友情か。どちらを選ぶか。神の領域、無限の領域の選択を迫られたジョニィの決断はッ?!「ネットにひっかかってはじかれたボール」の行方に…乾杯ッ!
一方でルーシーに忍び寄る追っ手?!大統領の追跡に対抗し、ルーシーも行動に出るッ!通るべくは禁断の世界!「わたくしどもにおまかせを…大統領夫人!」

Recommend

スティール・ボール・ラン 13 (13) (ジャンプコミックス)
スティール・ボール・ラン 13 (13) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 13巻
-壊れゆく鉄球-

膨らむ恐怖の世界!!
大統領から「心臓部」の遺体を奪う為、政府公邸に潜入したルーシー。そこで彼女を待ち受けていたのは…!?
追い詰められたルーシーの前に立ち塞がったのは「圧迫祭り」と「世界な男」、そして「肉スプレー女」!政府公邸で繰り広げられる女の戦いと、相対する愛くるしい大統領とその仲間たちに注目せよ!
そして表紙を飾るのは14歳の少女のセミヌード!作者近影は3枚の写真のみでコメントなしという初めての構成。そして巻タイトルは「壊れゆく鉄球」…。「砕けゆく鉄球」の方がカッコ良かった気がしなくもないぜ!ていうか、この巻のタイトルは「圧迫祭り」で決まりでしょう。

Recommend

スティール・ボール・ラン 14 (14) (ジャンプコミックス)
スティール・ボール・ラン 14 (14) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 14巻
-勝利者への資格-

全てが閉ざされた氷の海峡で最強の敵に追い詰められるジャイロ&ジョニィ。一片の油断もなく敬意を持って迫り来る敵にどう立ち向かうのか!? 運命に打ち勝つための「勝利者への資格」とは? まさか!?のアツい展開も活目して見よッ!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.15―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (15)
STEEL BALL RUN vol.15―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (15) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 15巻
-ゲティスバーグの夢-

国家の、歴史の命運を分けた地・ゲティスバーグ。この地でジャイロとジョニィはかつてない敵に襲撃される。恐怖とは…まさしく過去からやってくる…。罪という名の業を、どう乗り越えるのか!?

 「人ハ何カヲ捨テテ前ヘ進ム」
 「ソレトモ」
 「拾ッテ帰ルカ」?

迷いを捨てたジョニィは、黄金の回転の先の世界へと入門する―!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 16巻
-いともたやすく行われる えげつない行為-

大統領、起つ!(色んな意味で)
遂に遺体総取りに動き出した大統領。大統領夫人として傍にいるルーシーの過去が語られると共に、彼女にも魔の手が迫る。大統領が語る宇宙の真理とは? そして最後の遺体は一体どこに!? 産まれて完結ッ!いともたやすく行われるえげつない行為を目撃せよ!
なお、巻末には描き下ろし短編エピソード「7日で一週間」が収録! ジャイロの新作ネタを体験せよ!

Recommend

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
荒木 飛呂彦
STEEL BALL RUN 17巻
-D4C-

不可解の連鎖!
ジョニィ銃撃を基点に巻き起こる不可解の連鎖…。異なる目撃証言、それぞれの行動―それらが意味する事とは!? 大統領(とウルトラジャンプ読者)だけが理解する、サブタイトル『D4C』も不可解の一部として、いよいよフィラデルフィアで最終決戦、開始――!
なお、UJ掲載時にはなかったセリフや修正点なども盛りだくさん! やはり判り難かったからなのかァーッ!?

Recommend

Links

JOJO

mobile

qrcode

Search

Others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM